個人で稼ぐのは難しいのはなぜ?理由と一人で稼ぐために必要な5つのこと

本ページはプロモーションを含みます。

終身雇用の崩壊もあり、会社に頼らず「個人で稼ぐこと」は多くの人が目指すものとなっていますよね。

個人で稼ぐということは、会社に依存しない収入があり、時間や場所にとらわれない自由な働き方として注目を集めています。

しかし、個人で稼ぐためには、さまざまなハードルを乗り越える必要があります。

本記事では、個人で稼ぐことが難しい理由、そして個人で稼ぐために必要なことについて書きました。

目次

個人で稼ぐのが難しい理由

スキルの習得が必要

個人で稼ぐためには、その仕事に適したスキルが必要です。

特に人気のあるビジネスなどライバルが多い状況では、他の人に勝る高いスキルと努力が求められます。

とはいえ、新しいスキルを習得するには時間と労力が必要で、すぐに成果が出ない場合が多いです。

また、業界の変化やIT技術の進化などにより、習得したスキルがすぐに古くなってしまう場合も。常にスキルをアップデートし続ける必要があり、個人で稼いでいく難しさの要因となっています。

時間管理の難しさ

個人で稼ぐには、時間管理の難しさもハードルとしてあります。

自分のスケジュールを管理し、仕事とプライベートのバランスを上手くとっていくことが必要だからです。

  • 副業として個人で稼ぐビジネスをする場合、本業とのバランスを取る必要がある
  • 独立して個人で稼いでいく場合、怠けずにタスクを計画的にこなす必要がある

いずれにしても、タスクを行うための時間の確保、計画的にタスクをこなすための時間管理が重要です。

結果が出るのに時間がかかることが多い

個人でのビジネスは、最初に結果が出るまでに時間がかかることが多いです。

例えば、プログラミング、Webデザイン、アフィリエイトにしろすぐに稼げるわけであはりません。スキルを身につけるまでの時間も必要ですし、そこから確実に稼いでいけるかも未知です。

会社員であれば、スキル研修のあとは必ずプロジェクトに配属されて仕事をこなしていけますが、個人で稼ぐ場合はそうではありません。

そのため、長期的な視点で取り組む必要があります。

収入の不安定性

個人で稼ぐことの難しさの1つに、収入の不安定性も挙げられます。

個人で稼ぐということは、会社員のように毎月安定した収入を得られるわけではないからです。

収入が不安定になりやすく、仕事量や依頼内容によって変動しやすい傾向があります。

また、フリーランスや個人事業主の場合、ビジネスによっては自分の力で仕事を獲得・継続しなければいけないプレッシャーもあります。

個人で稼ぐということは、収入の不安定さを乗り越えて稼いでいく努力も必要です。

個人で稼ぐビジネスの選び方

自分のスキルや興味に合ったビジネスを選ぶ

個人で稼ぐビジネスを選ぶためには、まずは自分のスキルや興味に合ったビジネスを選ぶことが重要です。

自分のスキルや興味に合ったビジネスを選ぶことで、効率的にスキルを身に付けられる可能性が高まるからです。

自分が興味を持っている分野であれば、新しいスキルを学ぶ意欲も高まりますし、継続してビジネスを続けていくモチベーションにもつながりやすいです。

とはいえ、「自分にはこれが向いてる・向いていない」の誤った先入観がある場合も多いです。

気になるビジネスがあれば、まずは色々試してみるのがおすすめです。

自分の求める生活スタイルに直結するかどうか

個人で稼ぐビジネスを選択する上で、自分の求めるライフスタイルに直結するのかということも重要な要素です。

例えば、場所を選ばすに各地を転々としながら収入を得たいのであれば、ノートパソコン一台で稼げるビジネスを選ぶ必要があります。

人とのコミュニケーションを最低限に抑えたいのか、自宅で完結できるビジネスがいいのかなど求める生活スタイルは様々かと思います。

自分の求めるライフスタイルに直結するビジネスを選ぶことで、モチベーションにもつながり継続しやすいメリットがあります。

個人で稼いでいくために必要なこと

モチベーションの維持

副業でビジネスを始めるにせよ、独立して個人で稼いでいくにせよ、誰からも制約を受けることはありません。

そのため、いつでもサボることが出来てしまうので、モチベーションを維持してビジネスに取り組んでいく必要があります。

  • 具体的な目標を立て、達成を目指すことでモチベーションを上げる
  • タスクを整理し、優先順位を決めて効率的に進める
  • 作業のルーティン化をして継続性を高める
  • たまには変化を加えてマンネリ化を防ぐ

このように、いろいろ工夫しながらビジネスに取り組むことで、モチベーションの維持に役立ちます。

結果が出るまでの継続力

一人で稼ぐビジネスは、結果が出るまでに時間がかかるので継続力が必要です。

個人でビジネスを始めても、数ヶ月〜半年はみておく必要があります。

例えば、ゼロからプログラマーになる場合、プログラミングの勉強を始め実際のプロジェクトに参加できるレベルになるまでには、早くても3ヶ月〜半年はかかります。

結果が出るまでに時間がかかることを受け入れ、長期的な視点で取り組むことが重要です。

また、小さな成果を積み重ねることで、成長を感じていくことも継続につながります。

  • 知識やスキルの向上を記録し自分の成長を実感する
  • 小さな目標を達成した際に自分にご褒美を与える
  • 他人からの評価やアドバイスを受け入れ改善点を見つける

このような方法も、長期で継続していくためのプラスになります。

情報発信をして認知度を上げる

いまや誰でも情報発信ができる時代ですが、個人で稼いでいく上でも情報発信はプラスに働きます。

情報発信をすることで認知度を上げることができ、自分のビジネスやスキルに興味がある人たちにアピールすることができるからです。

そのためには、SNSやブログの利用がおすすめです。

まず、Twitterやインスタグラムなどでビジネスの情報を発信したり、フォロワーとのつながりを作っていくことです。

また、ブログを使うことで詳しい知識や情報を発信することができるので、専門性や信頼性を高めることができます。

情報発信をして少しでも自分の認知度を上げることで、ビジネスの幅が広がるので必ず取り入れたいところです。

収入源の分散で安定化

個人で稼ぎ続けるためには、収入源の分散も重要になってきます。

複数の収入源を持つことで、一部の収入が減少した場合でも安定した収益を確保できるからです。

例えば、プログラマーとして稼いでいる場合、メインのプログラミング以外にも以下のような収益モデルが考えられます。

  • 広告・アフィリエイト・・・ブログや動画などで情報を発信し、広告収入やアフィリエイト報酬を得る
  • デジタルコンテンツの販売・・・自分で有料コンテンツ(有料noteやKindle出版など)を作成し販売する
  • コンサルティング・・・自分の専門知識やスキルを活かし、他人にアドバイスや指導を行い報酬を得る

このように、メインの収入源だけでなく複数の収入源を確保することで、トータルの収入アップにつながる可能性も高いですし、何かしらの収入源がダメになっても他の収入源が補ってくれるメリットがあります。

継続的なスキル・知識のアップデート

個人で稼いでいくためには、継続的なスキルアップと知識のアップデートが重要です。

業界の変化やIT技術の進化によって毎年のように状況が変わっていくため、それに対応できないと収入が先細りになってしまうからです。

そうならないためにも、以下のようなことが必要です。

  • 業界ニュースを定期的にチェックして、最新の動向やトレンドを把握する
  • セミナーなど専門家から直接学ぶことができるイベントに参加し、最新の情報や技術を身につける
  • 書籍などを読んで幅広い知識や新たな視点を得る

このように、継続的な学習が必要となります。

まとめ

個人で稼ぐことの難しさや乗り越えるべきハードルを解説してきました。

個人で稼ぐためには、スキルの習得だったり結果が出るまでに時間がかかるなど、継続していく努力も必要です。

たとえ独立したとしても、毎月の収入は不安定になりがちで、ずっと稼いでいけるかどうか不安のなか活動していく必要もあります。

とはいえ、個人で稼ぐことは会社に頼らない収入を確保できるメリットもあり、ビジネスによっては時間や場所にとらわれない働き方もできます。

まずはいろいろ試してみて、自分に合うビジネスをみつけることが大切です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アラフォーの個人事業主です。

コメント

コメントする

目次