収入源を複数持つことの重要性【人生の選択肢が広がります】

本ページはプロモーションを含みます。

会社に依存せず個人で稼ぐ時代とも言われている中、複数の収入源を持つことに興味がある方も多いかと思います。

というのも、会社員であろうとフリーランスであろうと、将来に対する不安を抱えている人が多いのが現状。

1つの収入源だけに頼っていると、「将来どうなるか不安…」という方が多いのではないでしょうか。

複数の収入源を持つことは重要で、経済的安定性はもちろん、心のゆとりにも繋がります。1つの収入源が途絶えたとしても、別の収入源が補ってくれる安心感は大きな価値があるからです。

この記事では、複数の収入源を持つことの重要性や、複数の収入源を持つことで得られるメリットを解説していきます。

目次

収入源を複数持つことの重要性

リスク分散になる

終身雇用が保証される時代ではないことだったり、AIの進化のスピードを考えると、1つの収入源に依存することは金銭的なリスクを伴います。

というのも、1つの収入源だけで生活していると、何かしらの理由によって収入が途絶えた時に自身の生活を維持することが困難になるからです。

例えば、会社が倒産した、会社をクビになった、病気になってしばらく働けなくなった、といったように何が起きるか分かりませんよね。

そこで、複数の収入源を持つことが重要になってきます。

複数の収入源を持つことで、ある収入源が途切れたとしても他の収入源があるため、リスクが分散されるからです。

1つの収入源に依存する必要がなくなることで、経済的な安定性を高めることに繋がります。

やりたいことを達成しやすい

複数の収入源を持つことは、自分のやりたいことや目標の達成に役立ちます。

というのも、収入源を複数持つことは、本業に加えて収入が増えることになるので、経済的により多くのことを行う余裕が生まれるからです。

例えば、家や車の購入、長期の海外旅行、奨学金や借金の返済、将来のための貯金など、これら全てが複数の収入源によって実現しやすくなります。

そのため、複数の収入源を持つことは、新たな挑戦や目標達成のための重要な要素ともいえます。

心のゆとりにつながる

収入源が複数あるということは、1つの収入源が途絶えたとしても別の収入源が補ってくれます。

会社員であろうとフリーランスであろうと、将来に不安を抱えている人が多い現状。不安が緩和されることによって、日々の生活をより満喫することにもつながります。

特に私のような個人事業主の場合、1つの収入源に依存していると自分の身に何か起きて長期に渡り動けなくなった場合、収入的な不安がつきまといます。

しかし、複数の収入源があることで経済的な安心感が生まれ、心のゆとりにもつながります。

本業以外でも自分に合った仕事ができる可能性もある

複数の収入源を作ることは、いくつかのビジネスを手掛けることになるわけですが、自分に合った新しいスキルを見つけるチャンスでもあります。

場合によっては、本業よりも楽しいビジネスに出会うかもしれません。

というのも、自分が楽しめる仕事というのは「この仕事は自分には合わなそう」という想像ではなく、実際に経験して初めて感じることだからです。

例えば、今まで営業をしていたけどプログラミングを始めてみたらめちゃくちゃ面白かった、という経験をするかもしれません。

現在の仕事とは異なる経験することで、将来的には全く新しい道に進む可能性すらあります。

新しい収入源はストック収入が理想

収入源の一つとして理想的なのが「ストック収入」です。

ストック収入とは、継続的な収益を生むビジネスモデルのことを指します。

例えば、サブスクリプションサービスのような長期的な契約による収入、ブログやYouTubeなど広告収入など長期にわたる収益などがあります。

このビジネスモデルを取り入れることは、長期に渡り収入をもたらしてくれるメリットがあります。

というのも、ストック収入は一度構築すれば、その後は特別な手間をかけずに収益を得ることができるからです。

それに、ある程度は手放しでも収入が得られるので、時間的な余裕を作ることもできます。

ただし、ストックビジネスにもデメリットがあります。

それは、収益化までに時間がかかること。また、確実に収益化できるという保証がないことです。

場合によっては、アルバイトをしていた方がマシだったということもあり得ます。

収入源を増やす具体的な方法

収入源を増やすためには、まずは自分のスキルや知識を活かして副業を始めることです。

最近では、翻訳やプログラミング、動画編集、ライティングなど、個人でも多くのジャンルで副業を始めることができます。

関連記事:個人で稼ぐ方法とおすすめスキル【会社に頼らず稼ぐ】

仕事マッチングサイトのクラウドワークスを利用すれば、個人で請け負える機会はたくさんあるのでチェックしてみる価値はありますよ。

また、ブログ運営やアフィリエイト、YouTubeなど、自分自身の視点や知識を発信することで収益を得る方法もあります。ブログやYouTubeはコンテンツが資産化されるので、長期的に収入を得ることができるメリットもあります。

ブログなど自身のメディアを持つことはメリットが大きいので、1つは持っておきたいところ。

それに、これらのビジネスはインターネットを利用するため、場所に縛られずに取り組むことが可能です。

自宅やカフェ、旅行も兼ねてワーケーションとしても作業をすることができ、自由に取り組むことができます。

関連記事:個人がサイト運営すべきメリットと収益化する方法を紹介!

複数の収入源は人生の選択肢を増やせる

収入源を複数持つことの重要性について解説してきました。

会社員であろうと、フリーランスであろうと、1つの収入源に依存しているのは不安がつきまとうものです。

複数の収入源を持つことのメリットをまとめると以下のとおりです。

  • 複数の収入源を作ることで、経済的な安定が高まる
  • 1つの収入源に依存しないので心のゆとりに繋がる
  • 収入が増えることにより、やりたいことを達成するのに役立つ

また、オンラインを利用したストック収入を構築することで、時間や場所に縛られずに、継続的な収益を得ることも期待できます。

このように、収入源が複数あることで、人生の選択肢を増やすことにもつながります。実際に私も副業を始めたことで、そこから独立して現在にいたります。

副業が当たり前の時代でもあり、多くの人が複数のビジネスに取り組んでいます。

1つの収入に依存する不安から抜け出すためにも、副業が当たり前の時代に周りから取り残されないためにも、収入源を増やしていきましょう。

個人で取り組むには、ブログやYouTubeなど自身のメディアを持つことから始めるのがおすすめです。手軽に始めることができる上に、コンテンツが資産化するので長期的な収入になりやすいです。

関連記事:個人がサイト運営すべきメリットと収益化する方法を紹介!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代の個人事業主として活動しています。

このブログは、40代ライフ、個人事業主のこと、ポイ活、経済圏など雑多に記事を書いていく雑記ブログです。サウナ好き(サウナ・スパプロフェッショナル)

コメント

コメントする

目次