ChatGPTで個人ブログはオワコンになる?ブロガーへの影響と今後のコンテンツ戦略

本ページはプロモーションを含みます。

ChatGPTの登場により、多くのブロガーが「個人ブログはオワコンになるのでは?」と不安に感じているかと思います。

ChatGPTを使えば大量に記事を作成することができることで、「ライバルが急増して自分のブログが埋もれてしまうのではないか」という心配が強いかもしれません。

しかし、ChatGPTの登場が、本当に個人ブログのオワコンに繋がるのか気になるところですよね。

この記事では、ChatGPTが個人ブログに与える影響、ブログが本当にオワコンになるのか、今後のコンテンツ戦略について考察したいと思います。

目次

ChatGPTがもたらす個人ブログへの影響

ChatGPTはブログへのプラスの面もあれば、マイナスの影響もあります。

文章生成の効率化

ChatGPTは、人間に近い文章を自動生成できる技術で、ブログの記事をスピーディーに作成することができます。

これはブログ運営にとってプラスの側面になります。

例えば、歴史や文化などの基本情報を紹介する記事、特定の業界や分野の用語解説、初心者向けのガイドラインなど、一般的な内容の解説をあっという間に生成することが可能です。

そのため、ブロガーにとっては記事作成の効率化や、コンテンツの量を増やしやすいメリットがあります。

ただし、ChatGPTが生成する内容は必ずしも正しいとは限らないので、生成された文章が正しいかどうかはチェックする必要があります。

ChatGPTは多岐にわたるテーマの記事作成に利用することができるため、ブロガーにとってChatGPTを使うことで、今までより効率的に作業をするめることに繋がります。

関連記事:ChatGPTでブログ記事を作成してみた!メリットや注意点は?

オリジナリティが失われる懸念

ChatGPTは確かに便利ですが、それによって「記事のオリジナリティが薄れるのではないか」という懸念もあります。

多くのブロガーがChatGPTを使って記事を書くと、似たり寄ったりの内容になり独自性が感じられない記事に仕上がってしまうからです。

特に一般的な話題や分野では、ChatGPTで生成した内容だと、他と差別化するのが難しい傾向があります。

また、ChatGPTで記事を書き始めると、読者から「以前と何かが違う」「人間味を感じがなくなった」という気持ちにさせてしまう可能性すらあります。

個人ブログでは、その人らしい書き手の個性が重視されることが多いため、この点は注意が必要かもしれません。

今のところ企業サイトに有利

ドメインパワーの強い企業メディアは、ChatGPTの登場でSEOにおいてさらに有利になりそうです。

なぜなら、企業メディアがChatGPTを利用することで大量の記事をアップすることができ、さらにドメインパワーが強くなる可能性があるからです。

ドメインパワーの強い企業サイトは、記事の内容が薄くても検索上位に表示されやすいです。

検索上位の企業サイトの中には、いわゆるコタツ記事を量産しているサイトもありますよね。このような一般的なコンテンツの作成は、現状のChatGPTが得意とするところ。

ドメインパワーの強い企業サイトがChatGPTを使うことで、さらに勢いを増す可能性はあります。

競争が激化する

ChatGPTを活用することで、多くの人が簡単にブログを運営できるようになります。

なぜなら、ChatGPTは一般的なコンテンツであれば、効率的に生成できるからです。

ChatGPTは大量のデータを学習しているので、一般的な事柄や情報についてであれば、個人で直接調べるまでもなくChatGPTで生成できます。

これにより、ブロガー間の競争が激化し、自分のコンテンツが埋もれてしまうかもしれません。

特に、量産型の記事をメインに扱っているブロガーは、より競争が厳しくなることが想定されます。

ブロガーは独自性や専門性を強化し、差別化されたコンテンツを提供することが必要になりそうです。

良質な記事を書く能力が向上しない

ChatGPTを利用することで効率的にブログを作成することができますが、依存しすぎると良質な記事を書く能力が向上しない可能性があります。

というのも、記事作成をChatGPTに依存すると、自分で「記事構成を考える機会」や「文章を書く機会」が減るため、品質の高い記事を作成する能力が鍛えられないからです。

ブロガー自身に高品質な記事を作成する能力がなければ、ChatGPTが生成した記事を高品質に仕上げることはできません。

ChatGPTは完璧な記事を作成することができないため、自分で手直しをする必要があります。

しかし、自分で良質な記事を書く能力がないと、ChatGPTで生成した記事をブラッシュアップしていくことができません。

ChatGPTの登場によって個人ブログがオワコンになるとは限らない

ChatGPTの登場で、「個人ブログがオワコンになるのではないか」と心配の声は大きいですが、そう簡単に個人ブログがオワコンになるわけではないと考えられます。

なぜなら、人間だけが持つ感情や体験を書き出すことはできないからです。

例えば、旅先の絶景で感じた感情や、地元の人々との交流、現地で食べた食事の感想などは、一人ひとり異なる独自の体験です。そのときの体験や感情を、ChatGPTが書き出すことはできません。

仕事で頑張って成功したプロジェクトの喜びや、仕事でミスして辛かった体験なども、ChatGPTには書くことができません。

ChatGPTに擬似的にその人になったつもりで体験や感情を書いてもらうことはできますが、リアルな体験ではないですよね。

ブログを読む人たちは、記事に書かれたその人らしい感情や意見、その人独自の体験に共感したり楽しさを感じたりします。

こういった人間らしさが読者を惹きつける要因となるため、ChatGPTにはできないことです。

逆にいうと、人間らしさが出る体験や感情を記事に載せていかないと、ChatGPTで十分ということになってしまいます。

このように、ChatGPTが出てきたからといって、個人ブログがオワコンになるわけではありません。

むしろ、ChatGPTをうまく使いながら、自分だけの感情や視点を生かしてブログを書くスキルが求められていくと考えられます。

個人ブロガーの今後のコンテンツ戦略

ChatGPTの登場により、ブロガーの役割も変化し始めています。

オリジナリティを活かす

AIが一般的なコンテンツを生成する時代では、人間のブロガーが持つオリジナリティと個性が重要な要素となります。

個人ブロガーにとって、自分だけの体験や視点、感情を表現する能力が、他のブログと差をつける強みになるからです。

例えば、「フリーランスの仕事」についての記事を書く場合、フリーランスとしての仕事の進め方や、クライアントとのコミュニケーション、時間管理の工夫など、独自の経験を基にした記事にすることが重要です。

これによって、読者は量産型の記事では得られない、実際の現場での知見や、個人的な感想を知ることができます。

このように、自分自身の体験を盛り込んだオリジナリティ溢れる記事は、今後のブログの競争力を高める重要な要素となります。

SNSを活用する

ChatGPTが多くのブロガーに利用されることにより、SNSを活用した情報発信がより重要になるかと思います。

というのも、ChatGPTの登場でブログ記事の量産が想定されるため、SEOの難易度も上がっていくからです。

Googleからの検索流入だけだと、上位表示が難しく記事が埋もれてしまうことも想定しておかなければいけません。

ツイッター、インスタグラムなどのSNS運用を行い、そこからブログへの流入を確保することにも取り組んでおいた方が良さそうです。

ChatGPTの上手な活用が重要

ChatGPTの上手な活用は、今後のブロガーにとって重要なスキルとなります。

というのも、今後のブログ作成は、以下のような流れが増えていくことが予想されるからです。

  • 基本な情報の洗い出しと作成はChatGPTでサクッと生成する。
  • そして、個人的な体験や感想を組み合わせたオリジナル記事を作成していく。

ChatGPTを利用したこの記事作成のやり方は、ブログ記事作成の効率化になり、ブログ記事の更新頻度の向上につながります。

一方で、ChatGPTの活用ができないブロガーは、同じ内容の作成に多くの時間を費やすこととなり、他者との競争で不利になりやすいです。

ChatGPTだけでなく、AIがライティング【Catchy】【SAKUBUN】などのAIライティングツールも続々と登場しているので、これらのツールを使うことでも記事の執筆スピードは変わってきます。

ChatGPTを含め、AIライティングツールを上手に活用するスキルが、今後ますます重要となるかと思います。

まとめ

本記事では、ChatGPTが個人ブログに与える影響、ブログが本当にオワコンになるのか、今後のコンテンツ戦略について考察してきました。

ブログがオワコンになるかどうかについては、今のところ個人ブログがオワコンになるわけではないと思います。

ただし、「オリジナリティを活かす」「ChatGPTの上手な活用」「SNSを活用する」といったことが求められていることは間違いありません。

今後はChatGPTをうまく使いこなし、独自の体験や意見を示していくことが重要になってくるはずです。独自の見解や体験は、個人ブログの魅力の1つだからです。

また、ChatGPTだけでなく、文章作成に特化したAIライティングツールもどんどん登場してきています。

ChatGPTを含めたAIライティングツールを利用することで、記事の執筆スピードがアップするメリットは大きいため、活用していくことも検討してもいいでしょう。

関連記事:AIライティングでブログ記事を作成する方法【メリットや注意点も解説】

AIの進化は早いですが、うまく使いこなしながらブログ運営をしていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アラフォーの個人事業主です。

コメント

コメントする

目次