AIライティングでブログ記事を作成する方法【メリットや注意点も解説】

本ページはプロモーションを含みます。

ブログ記事を作成する方法として、AIライティングが注目を集めていますね。

この記事では、AIライティングでブログ記事を作成する方法について解説します。加えて、AIライティングのメリットや注意点についても紹介します。

AIライティングを利用することで、記事の執筆を効率化できるだけでなく、自然でクオリティの高い文章を作成することも可能です。

AIライティングでブログ記事を作成する方法を知りたい方は、ぜひご覧ください。

目次

AIライティングの基本情報

AIライティングとは?

AIライティングは、人工知能(AI)を使用して文章を生成する技術です。

通常であれば、人間が記事構成を考え文章を執筆する必要がありますが、AIライティングを利用することで、AIが短時間で大量の文章を生成してくれます。

商品の説明文やブログ記事、Twitterの投稿文、広告など、さまざまなジャンルの文章を生成することがでるので、目的に合わせた内容、文体の文章を作成することができます。

また、文章のスタイルやトーンを調整することも可能です。

例えば、堅い語り口で書かれた文章や、軽快なトーンの文章、話しかけるような文体など、目的に合わせた文章を生成することができます。

このように、AIライティングを使うことで、様々なタイプの文章を自動でスピーディーに作成することができる技術となっています。

どんな文章が生成されるの?

AIライティングを利用することで、どんな文章が生成されるのか気になる人も多いかと思います。

例として、AIライティングツール【SAKUBUN】で生成された文章を実際にみてみましょう。

以下のように、「記事タイトル」や「書きたい内容」を入力するだけで、1つの記事として書き上げてくれます。(ブログ記事の作成は機能の1つで、他にも機能はたくさんあります。)

なお、記事作成のために指定した内容は以下のとおりです。

  • 【記事タイトル】ブログで分かりやすい文章を書くコツ3つを解説【おすすめツールあり】
  • 【書きたい内容】ブログで分かりやすい文章を書くコツ3つを初心者向けに解説します。また、ブログの執筆が効率的になるツールも紹介します

実際に生成された文章を以下に掲載します。

【導入文】
ブログを書くとき、読者に伝わりやすい文章を書きたいと思いませんか?初心者の方にも分かりやすい文章を書くためには、いくつかのコツがあります。本記事では、ブログで分かりやすい文章を書くための3つのコツを解説します。さらに、ブログの執筆を助けるおすすめのツールも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【見出し1:具体的な言葉を使う】
分かりやすい文章を書くためには、具体的な言葉を使うことが重要です。抽象的な表現ではなく、読者がイメージしやすい具体的な言葉を使うことで、文章が鮮明になります。

【説明1】
例えば、”美味しい料理”ではなく、”ジューシーなステーキ”や”甘みがあるフルーツ”のような具体的な表現を使うと、読者は料理の味や鮮度をイメージしやすくなります。

【見出し2:短い文で分かりやすくまとめる】
読者は短い文で分かりやすくまとめられた情報を好みます。文章が長くて複雑だと、読むのが面倒になってしまいます。短い文で要点をまとめることで、読み手にとっても理解しやすくなります。

【説明2】
例えば、「この手法を使うと、効率的に仕事を進めることができます」という長い文ではなく、「この手法で効率的に仕事を進めましょう」と短い文にまとめることで、読み手はすぐに内容を理解できます。

【見出し3:見出しや箇条書きを活用する】
読者は見出しや箇条書きを見ることで、文章の構成や内容を一目で把握することができます。見出しや箇条書きを活用することで、読者にとって見やすく分かりやすい記事になります。

【説明3】
見出しや箇条書きを使って情報を整理すると、読者は興味がある部分だけをピックアップすることができます。また、見出しや箇条書きを使うことで、読み手は記事の流れを把握しやすくなります。

【見出し4:おすすめツールを活用する】
ブログの執筆を効率的に行うためには、おすすめのツールを活用することも重要です。ツールを使うことで、文章の校正やキーワードの調査などが簡単に行えます。

【説明4】
例えば、校正機能が備わった文法チェックツールや、SEO対策に役立つキーワード調査ツールなどがあります。これらのツールを使うことで、より効率的にブログの執筆が行えます。

【まとめの見出し:ブログで分かりやすい文章を書くコツ3つ】
ブログで分かりやすい文章を書くためには、具体的な言葉を使うこと、短い文でまとめること、見出しや箇条書きを活用することが重要です。さらに、おすすめのツールを使うことで、ブログの執筆も効率的に行えます。ぜひこれらのコツを参考にして、読者に伝わる魅力的なブログ記事を書いてみてください。

AIライティングツールを使えば、上記のような文章はあっという間に作成できます。

具体的なツールの説明は生成されませんでしたが、それなりのクオリティなので驚いた人も多いはず。

どのAIライティングツールでもそうですが、書きたい内容を具体的に指定すればするほど精度も高くなっていきます。

AIライティングのメリット

執筆時間が短縮できる

まず、AIライティングの一つの大きなメリットは、執筆時間の短縮です。

通常のライティング作業では、テーマに基づいた情報の収集や文章の構成、文体の調整など、多くの時間と労力を必要とします。

しかし、AIライティングを活用することで、これらの作業を自動で生成・修正できるので、スピーディーな執筆が可能です。

そのため、ライターは時間をかけずに、短期間で大量の文章を作成することができます。

文章の品質を上げることができる

AIライティングは、文章の品質向上にも役立ちます。

例えば、難しい表現や専門的な言葉を使って文章を書いてしまった場合、AIが分かりやすい表現に変換してくれるので、読者にとって分かりやすい内容を提供することができます。

また、AIライティングは、冗長な文章を短くまとめることも得意としています。

「自分が書いた文章を読み返すと、こことここは同じようなことを言っているな」といったこともありますよね。

そんな時は、AIに「重複した内容は1つにまとめて」と指示をするだけで、冗長な表現や重複した内容を、必要な情報だけを残すように編集してくれます。

さらに、AIライティングで生成される文章は誤字脱字はほぼなく、句読点の使い方なども自然です。

文章を書くのが苦手な人が書いた文章より、品質の高い読みやすい文章を作成できます。

このように、記事の内容をスッキリとさせたり、読みやすい文章を作成してくれるメリットがあります。

柔軟な文章表現ができる

AIライティングでは、柔軟な文章表現ができるので、目的に合わせた内容で文章が作成できます。

例えば、Twitterの投稿文、広告で成約に繋げたい文章、Q&A形式、メールで使う文章など、あらゆる文体に対応できます。

他にも、表現の微調整も可能です。

例えば、同じ内容を伝える文章でも、フォーマルな表現やカジュアルな表現、話しかけるような文体など、目的や読者に合わせたスタイルで文章を作成することができます。

このように、いろんな目的に合わせた文章を作成できることもメリットです。

AIライティングの注意点

必ずしも正しい情報を生成するとは限らない

まず、AIライティングで生成された文章は、必ずしも正しい情報とは限らないという点に注意です。

AIは大量のデータを学習することで文章を生成しますが、その学習データ自体に誤った情報や偏った情報が含まれている場合もあるからです。

そのため、AIが生成した文章をそのまま信じるのではなく、生成された文章が正しい内容なのか必ず確認する必要があります。

特に、専門的な知識や正確な情報が求められる分野では、人間の目で最終確認を行うことが重要です。

生成された文章はオリジナル性に欠ける

AIが生成する文章は、オリジナル性が欠けるというデメリットもあります。

AIは大量のデータをもとに学習していますが、既存の文章のパターンを学習しているため、一般的で無難な内容の文章を生成するためです。

AIライティングツールで書かれた内容をそのまま利用すると、単調な文章で終わってしまいます。

そのため、自分の意見や体験談などを盛り込んで、オリジナルな要素を追加することが重要です。

AIライティングツールで生成された文章に、自分独自の考え・体験を加えていくイメージで利用するといいかと思います。

最終確認は人の手で行う必要がある

AIライティングはあくまで補助的なツールであり、最終的な編集は人の手で行う必要があります。

というのも、AIライティングはスピーディーな文章生成ができますが、クオリティにおいては人間と同じレベルまでは到達していないからです。

文章の流れや文法の誤り、読みやすさなど、ときおり不自然になることもあります。

そのため、AIライティングツールである程度の文章を作成し、そこから自分でチェック・修正を加えていく流れになります。

AIライティングを利用しても、完璧な文章は作成できません。あくまで補助的なツールとして捉えて、上手に活用することがポイントです。

AIライティングでブログ記事を作成する手順

キーワードの選定

ブログを書く際の1つ目の手順がキーワードの選定です。

キーワードは、検索エンジンで検索されやすい単語やフレーズのことで、需要のある適切なキーワードを選ぶことで、検索エンジンからのアクセスアップに繋げることができます。

キーワードの洗い出しには「ラッコキーワード」、検索ボリュームのチェックにはGoogleの「キーワードプランナー」が便利です。

ChatGPTなどで、キーワードの選定を行うと、結果が正しいのか確認しなければいけませんし、最新の情報を反映していないので、現状ではやめておいたほうがいいです。キーワードの洗い出しは、自分の手で行ったほうがいいでしょう。

記事タイトル作成

次に、選んだキーワードをもとに、AIライティングツールを使って記事タイトルを作成していきます。

例えば、「ブログ メリット」というキーワードで記事を作成したい時は、以下のように指示をします。

「ブログ メリット」というキーワードで記事を書きたいから、魅力的なタイトルを10個考えて。

そうすると、以下のようにタイトルを10個提案してくれます。

このまま採用してもいいですし、少し修正して利用してもいいでしょう。

上記の例はChatGPTを利用しているので、自分でプロンプト(命令文)を考えて作成する必要がありますが、AIがライティング【Catchy】【SAKUBUN】などのAIライティングツールを利用すれば、キーワードを入力するだけでタイトルを作成してくれます。

メモ

今回は「ブログ メリット」というキーワードからタイトルを作成しましたが、AIライティングツールは、指定する内容が少ないとざっくりした内容の文章しか生成できません。

逆にいうと、具体的な内容を指定すればするほど精度が高くなります。例えば、「30代に向けた」とか「在宅で」といったように、具体性を持たせることがポイントです。

記事構成の作成

次に記事構成を考えます。

通常であれば、検索上位の記事をみて記事構成を作っていく流れが一般的ですが、AIライティングを使えばあっという間に記事構成を考えてくれます。

具体的なタイトルが決まっていればクオリティの高い記事構成を考えてくれるので、以下の流れにすると効率的です。

  1. まずは具体的なタイトルを決める
  2. タイトルをもとに、AIライティングツールで記事構成を作成する
  3. 検索上位の記事を参考に、記事構成をブラッシュアップする

記事構成を作る際は、以下のような指示をするとAIライティングツールが考えてくれます。

「ブログの魅力を徹底解説!ブログを始めるべき5つのメリット」というタイトルで記事を書きたいので記事構成を考えて。

以下のようなタイトルを作成してくれます。

h2-1:ブログの魅力とは?
h3-1-1:情報発信の場としての魅力
h3-1-2:自己表現の場としての魅力
h3-1-3:コミュニケーションの場としての魅力

h2-2:ブログを始めるべき5つのメリット
h3-2-1:自己成長の機会が広がる
h3-2-2:専門知識の習得が進む
h3-2-3:収益化の可能性がある

h2-3:ブログの継続が重要な理由
h3-3-1:読者の信頼を得るため
h3-3-2:検索エンジンの評価が上がる
h3-3-3:自己成長の継続が可能になる

この構成をベースに、検索上位の記事も参考にしながら、ブラッシュアップしていくといいでしょう。

本文の作成

記事構成を作成したら、冒頭文、本文、まとめ文を作成していきます。

AIライティングツールに、これまでに作成した記事構成をもとに本文を作成するように指示を出してきます。

ChatGPTを使うのであれば、「xxxというタイトルの記事を書きたいから導入文を考えて。」「以下の記事構成をもとに、本文を詳しく書いて。」といったようなプロンプトを作成して、指示を出せばOKです。

CatchySAKUBUNなどのAIライティングツールを利用する場合は、「見出しタイトル」や「書きたい内容」を入力すればOKです。

できるだけ具体的な内容や条件を書いて指示することで、生成される内容の精度は高くなります。

本記事のどんな文章が生成されるの?で紹介したように、タイトルから一発で記事を作成するのもありです。

ただし、一度で納得いく文章はできないので、ボリュームを増やしたり分かりやすい表現に修正したりと、ブラッシュアップを重ねてある程度のクオリティまで持っていきましょう。

生成された文章の編集

最後に、生成された文章の編集を行います。

まずは、生成された文章の内容に間違いはないか、文章の流れがおかしくないか、冗長な表現はないか、不足している内容があるかなどチェックしましょう。

また、自身の体験談や意見を盛り込んだりすることは非常に重要です。

先ほども解説しましたが、AIライティングツールで生成された文章は、無難で単調な文章なので独自性がないからです。

また、記事装飾、画像の挿入などして文章を読みやすくする作業も必要です。

AIライティングを利用しても最終調整はそれなりにやる必要がありますが、しっかりした記事を書き上げるためにも重要な局面となります。

AIライティングにおすすめのツール

AIライティングができるツールとして、以下の3つが人気となっています。

Catchy(キャッチー)

Catchyは、株式会社デジタルレシピが運営するAIライティングのアシスタントツールです。

日本最のAIライティングツールとしては、一番注目されているツールですね。

AIがライティング【Catchy】

利用できるツールも100種類以上と豊富で、広告、資料作成、webサイト制作、セールスレターなど多くの目的に合った文章を作成することができます。

タイトルや見出し、SNS投稿など、短い文章でインパクトを与えることが得意なだけでなく、ブログ記事の作成など長文作成でも高いクオリティを誇ります。

ChatGPTのように、プロンプト(命令文)を考える必要がないのもメリットです。

料金プランは以下のとおり。

スクロールできます
FreeStarterProEnterprise
料金無料3,000円〜/月9,800円/月要問い合わせ
プロジェクト1つまで無制限無制限無制限
クレジット毎月10クレジットまで追加購入可使い放題使い放題
サポートチャットサポートチャットサポートチャットサポートチャット&ビデオサポート
独自ツール作成独自生成ツール作成可能
Catchyの料金プラン

Freeプラン、Starterプランでは、100以上あるツールの利用に応じて「クレジット」を消費する仕組みとなっています。Proプランであれば、制限なしで使い放題となります。

関連記事:【実例あり】Catchy(キャッチー)の料金や使い方・登録方法を紹介!

SAKUBUN

SAKUBUN(サクブン)は、NOVEL株式会社が運営する高性能AIライティングツール。

読者ターゲットを指定するペルソナ機能や、1つの画面で直感的にテンプレートを切り替えながら作業ができるAIエディター機能が特徴です。

AIライティングツール【SAKUBUN】

広告、セールス文、SNS投稿、ブログ記事作成などに合わせた100種類以上のテンプレートがあり、特にブログ記事作成のテンプレートが豊富です。

生成される文章のクオリティも高く、ChatGPTのように、プロンプト(命令文)を考える必要がないのもメリット。

料金プランは以下のとおりです。

プラン名フリーパーソナルスタンダードチーム
月額料金無料3,278円~10,780円33,000円~
年払い無料30,360円〜102,960円
AIモデルGPT-3.5
GPT-4
GPT-3.5
GPT-4
GPT-3.5
GPT-4
GPT-4を主に使用
利用文字数(月)5000文字10~50万文字無制限無制限
プロジェクト数3つまで3つまで3つまで無制限
メンバー数2名まで2名まで2名まで無制限
ペルソナ1つまで無制限無制限無制限

フリープラン、パーソナルプランでは、生成できる文字数に制限があります。スタンダードプランにすると無制限で利用できます。

関連記事:SAKUBUNの料金や使い方、評判・口コミは?実際に使った感想も紹介!

ChatGPT

ChatGPTは、AI研究企業のOpenAIが開発した自然言語処理のツールです。

AIライティングの火付け役とも言えるツールで、多くのAIライティングツールはChatGPTを採用しています。

ChatGPT

ChatGPTは、文章生成、質問応答、要約などの作業を得意としているため、ブログ記事の作成にも最適です。

他にもプログラミング、数式計算、言語翻訳など用途は幅広いです。

ChatGPTの料金は以下のようになっています。

  • ChatGPT通常版:無料
  • ChatGPT Plus:月額20ドル

ChatGPTの無料版は「GPT3.5」というモデルが採用されていますが、ChatGPT Plusでは「GPT3.5」をさらに進化させた「GPT4」を利用することができます。

月額20ドルなので、他のAIライティングツールよりリーズナブルに利用できるのがメリット。

ただし、生成される文章は、利用者のプロンプト(命令文)作成能力に左右されます。プロンプトが上手に作成できないと、質の高い文章を作成することができないデメリットがあります。

関連記事:ChatGPTでブログ記事を作成してみた!メリットや注意点は?

まとめ

AIライティングでブログ記事を作成する方法、AIライティングのメリットや注意点についても解説してきました。

AIライティングにおすすめのツール

AIライティングツールを利用している人はまだまだ少ない印象です。

まずは無料で試してみて良さそうと感じたら、ガンガン活用してライバルと差をつけましょう。

実際に使ってみると分かりますが、クオリティの高さに驚くとともに、記事の執筆スピードは上がりますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アラフォーの個人事業主です。

コメント

コメントする

目次