ドットマネーの評判は?使い方・貯め方やデメリットを徹底解説!

本ページはプロモーションを含みます。

ポイ活をしていると必ず目にする「ドットマネー(.money)」。

ドットマネー公式サイト

なかには、以下のような疑問を持った方もいるかと思います。

  • ドットマネーってどんなサイトなの?
  • ポイントサイトの交換先によくあるけど、どんなメリットがあるの?
  • ドットマネーの評判や危険性はどうなの?
  • ドットマネーの使い方や貯め方を教えて欲しい

そこで本記事では、ドットマネーの評判や使い方、貯め方、デメリットについて解説します。

ドットマネーについて気になっている方は、ぜひご覧ください。

目次

ドットマネーの基本情報

ドットマネーとは

ドットマネーは、会員数2,000万人を超える国内最大級のポイント交換サービス。

クレジットカードやポイントサイトなどのポイントを、ドットマネー内の通貨「マネー」にまとめることができるサイトです。

会員数2,000万人以上
ポイントレート1マネー=1円
最低交換ポイント300マネー(300円)
ポイント交換手数料無料
運営会社株式会社サイバーエージェント

また、ポイントをひとまとめにするだけではなく、アンケートに回答、ミニゲーム、モニターなどで貯めることができます。

ドットマネーで貯めたマネーは、現金やギフト券、電子マネー、マイルなどに手数料無料で交換できます。

ドットマネーの特徴は以下のとおり。

  • マネーの交換手数料が無料
  • 他社のポイントをひとまとめにできる
  • 100社以上からポイント交換できる
  • マネーの交換先は50種類以上と豊富

特にすべてのマネー交換手数料が無料であることが大きな特徴となっています。

ポイントサイトで交換すると手数料が取られるけど、ドットマネーを経由することで手数料を無料にすることが可能です。

ドットマネーの交換先

ドットマネーで貯めたマネーの交換先は50種類以上と豊富で、以下のものに交換することが可能です。

  • 現金(銀行振り込み)
  • 電子マネー
  • 他社ポイント
  • ギフト券
  • マイル
  • 投資系サービス
  • Amebaコイン

最低交換マネーは300マネーから。

交換手数料は全て無料なのが嬉しいところ。

ポイントサイトで貯めたポイントを現金に交換する場合は、振り込み手数料を取られることが多いですが、ドットマネーに交換してから銀行振り込みをすることで、手数料無料で現金に交換できます。

マネーの交換方法やおすすめ交換先については、以下の記事で解説しているので参考にしてみてください。

ドットマネーの危険性は?安全性について

「ドットマネーの危険なの?」と気になる方もいるかと思います。

結論からいうと、ドットマネーは安心して利用することができます。

というのも、運営会社は「株式会社サイバーエージェント」だからです。

サイバーエージェントは、AbemaTVやアメブロをはじめ、メディア、インターネット、ゲーム、エンタメなど有名サービスを多数手掛けている大企業。

東証一部上場の企業だけあり、情報セキュリティへの取り組みも積極的です。

参考リンク:サイバーエージェント・情報セキュリティへの取り組み

これだけの大企業ともなれば、情報漏洩が起きると業績に大きな影響を及ぼすため、サービス運営は万全の体制をとっています。

もちろん、会員数2,000万人以上を誇るドットマネーもその中の1つ。安心して利用できるといえます。

ドットマネーでマネーを貯める方法

ポイントサイトからのポイント移行で貯める

マネーの貯め方で最も利便性が高いのが、ポイントサイトで貯めたポイントをドットマネーに交換することです。

というのも、以下のような状況に最適だからです。

  • ポイントサイトから交換すると手数料がかかるから、ドットマネーから手数料無料で交換したい
  • 複数のポイントサイトを使っていて、中途半端にポイントが余っているから1つにまとめたい
  • 現在利用しているポイントサイトで、交換したポイント先がない

これらはドットマネーの魅力であり、ドットマネーでマネーを貯める最も便利な方法です。

ドットマネーモールで貯める

ドットマネーに関連するポイントサイト「ドットマネーモール」でも、マネーを貯めることができます。

ドットマネーモールは、広告利用やアンケート、ミニゲームなどでマネーを貯めることができるポイントサイト。

他のポイントサイト同様に、以下のようなコンテンツでポイントを貯めることができます。

  • サービス登録
  • クレジットカード作成
  • アンケート
  • モニター
  • ゲーム
  • クイズ・スロットなどのミニコンテンツ
  • テキスト入力

ただし、広告案件が非常に少なく、大手ポイントサイトに比べると還元ポイントは少なめ。

ドットマネーモールは、「アンケートやミニコンテンツをメインにマネーを貯める」ポイントサイトとして利用したほうがいいでしょう。

ドットマネーのメリット

手数料が無料

ドットマネーは、マネーを現金やギフト券などに交換する際の手数料が無料です。

多くのポイントサイトでは、交換手数料がかかるものが多いですが、ドットマネーを経由することで手数料を無料にできるメリットがあります。

「ポイントはこまめに交換したい」といった方の場合、手数料があると負担になるもの。

ドットマネーを経由することで、こまめなポイント交換が可能になります。

複数サイトのポイントをひとまとめにできる

ドットマネーは、たくさんのポイントを1つにまとめることができるのもメリット。

ポイ活をしている人は、複数のポイントサイトを利用している方が多いと思いますが、中途半端にポイントが余っている場合もありますよね。

その際に、魅力的なポイント交換先がなかったり、交換手数料の問題だったりで交換しずらいこともあるかと思います。

そういった時は、ドットマネーにひとまとめにすることで、手数料無料で豊富な交換先に交換することが可能です。

ポイントサイトからの増量がある

ポイントサイトからドットマネーへの交換は手数料無料ですが、その際にポイント増量キャンペーンが開催されたりもします。

例えば、ポイぷるというポイントサイトでは、ドットマネーへの交換は10%増量といった期間も。

ポイぷるでは、ドットマネーへの交換は10%増量といった期間もあり。

増量キャンペーンの時期や増量する割合は、ポイントサイトごとにマチマチですが、タイミング次第ではお得に交換することができます。

マネーの端数も交換できる

ドットマネーから銀行振込をする際、最低交換マネー以上であれば端数のマネーも交換することができます。

多くのポイントサイトでは「100ポイント単位」といったように、ある程度まとまったポイントの交換となりますよね。

ドットマネーでは「2,018マネー」といったように端数も込みで交換が可能です。

以下は、実際に2,018マネーをPayPay銀行に振り込んだ実績です。

実際に2,018マネーをPayPay銀行に振り込んだ実績

ドットマネーモールなどで貯めた細かいマネーも交換できるのは嬉しいですね。

ドットマネーモールでコツコツ稼げる

ポイント交換サイトとしての役割だけでなく、毎日コツコツとマネーを貯めることができます。

先ほど紹介したドットマネーモールもあるので、他のポイントサイト同様に、スクラッチ、アンケート、クイズなど毎日コツコツ案件があるからです。

とはいえ、大きくポイントを稼げるコンテンツはないので、ポイントをガッツリ稼ぐならポイントサイトの利用がおすすめ。

ドットマネーのデメリット

現金(銀行振込)への交換は1,000マネーから

ドットマネーのデメリットと言えるのが、現金への交換は1,000マネー(1,000円分)からと最低交換金額が高いことです。

多くのポイントサイトであれば、300円〜500円というのが一般的なので、ドットマネーの1,000円はハードルが高いと言えます。

以下の表に、現金に交換する場合の交換レートをまとめました。

銀行名交換レート交換日数
三菱UFJ銀行1,000マネー → 1,000円5営業日以内
みずほ銀行1,000マネー → 1,000円5営業日以内
三井住友銀行1,000マネー → 1,000円5営業日以内
ゆうちょ銀行1,000マネー → 1,000円7営業日以内
楽天銀行1,000マネー → 1,000円5営業日以内
住信SBIネット銀行2,000マネー → 2,000円5営業日以内
PayPay銀行2,000マネー → 2,000円5営業日以内
新生銀行2,000マネー → 2,000円5営業日以内
その他の銀行2,000マネー → 2,000円5営業日以内

振込先の銀行によっては、2,000マネー必要な銀行もありますね。

有効期限が短いマネーもある

ドットマネーで貯まるポイントの中には、有効期限が短いものがあるので注意です。

ポイントサイトなどから交換さらたポイントは、有効期限が6ヶ月と余裕があります。

しかし、スクラッチで貯めたマネーの有効期限は翌月末、増量キャンペーンで獲得したマネーは当月末とかなり短いです。

これらのマネーは、獲得したらすぐに交換するくらいでないと、油断して失効してしまう可能性も。

そのため、スクラッチや増量キャンペーンで獲得したポイントはすぐに交換するように心がける必要があります。

ドットマネーの評判・口コミ

ドットマネーに関する評判・口コミを集めてみました。

ドットマネーの良い評判・口コミ

ドットマネーの良い評判・口コミは以下のとおりです。

pexが交換手数料かかるようになった今、交換手数料無料のドットマネーは助かる。

ポイントサイトで貯めたポイントをドットマネーに交換。
ドットマネーは現金に交換する時も手数料無料。交換先も豊富で重宝してます。

ドットマネー問い合わせの説明がすごい丁寧に返してくれてわかりやすかった。ドットマネーの印象はかなりいい。

ポイ活で有名なウェル活で必要なT ポイント。モッピーからの交換だと8%の手数料かかるけど、ドットマネー経由だと無料!ひと手間かかるけど、8%は大きいです。

ドットマネーはいろんなポイントサイトからまとめていろんなポイントに交換できるから便利。ポイントサイトによっては交換に手数料がかかる時もあるので、交換料無料は助かりますね。

手数料無料であることの評価が非常に高かったです。また、ドットマネーの問い合わせ対応も良いと評価が高いです。

ドットマネーの悪い評判・口コミ

ドットマネーの悪い評判・口コミは以下のとおりです。

ドットマネー交換遅いなぁ

ポイ活アプリで貯めたポイントを銀行口座に振り込みたい場合、ドットマネーを経由すると手数料0円で振り込みできるので便利。
ただ、ドットマネーから銀行に振り込まれるまで5営業日くらいかかるのがネック。

ドットマネー、交換完了するの遅い…

マネーの交換が完了するまでが遅いという意見が多かったです。

ドットマネーの登録方法

ドットマネーの会員登録の方法を紹介します。

STEP
ドットマネー公式サイトから「新規登録」ボタンを押す

まずはドットマネー公式サイトにアクセスして、「新規登録・ログイン」ボタンを押します。

ドットマネー公式サイトにアクセスして、「新規登録・ログイン」ボタンを押す


「新規登録の方はこちら」ボタンを押します。

「新規登録の方はこちら」ボタンを押す

※アメーバIDをすでに持っている方は、「Amebaでログイン」ボタンを押せばログインできます。

STEP
メールアドレスを入力する

メールアドレスを入力して「認証コードを送る」ボタンを押します。

メールアドレスを入力して「認証コードを送る」ボタンを押す


認証コードを記載したメールを送信した旨のメッセージが表示されるので、メールを確認します。

認証コードを記載したメールを送信した旨のメッセージが表示
STEP
認証コードを入力する

届いたメールに認証コードが記載されているので、コピーします。

届いたメールに認証コードが記載されているので、コピーする


ドットマネーの画面に戻り、認証コードを入力後、「認証して完了」ボタンを押します。

認証コードを入力後、「認証して完了」ボタンを押す
STEP
ドットマネーの会員情報を登録

ドットマネーの会員情報を入力します。

入力するのは以下の項目です。

  • ニックネーム
  • パスワード
  • 生年月日
  • 性別

ニックネーム、パスワードを設定します。

ニックネームを入力
パスワードを入力


生年月日と性別を入力します。

生年月日と性別を入力
STEP
登録完了

これで登録が完了です。「利用中のサービスに戻る」ボタンを押します。

登録完了画面


ドットマネーの利用規約画面が表示されるので、同意すればドットマネーを利用することができるようになります。

利用規約に同意する

まとめ

本記事では、ドットマネーの評判や使い方、貯め方、デメリットについて解説しました。

ドットマネーは、現金への交換が1,000円分からであること、ポイント交換に少し時間がかかるデメリットがあることは押さえておきましょう。

とはいえ、交換先は50種類以上と豊富で、手数料無料で交換できるのは大きなメリット。

ドットマネーはこんな方におすすめ
  • ポイントサイトの交換手数料を無料にしたい
  • 複数のポイントサイトに分散しているポイントをひとまとめにしたい
  • コツコツ案件でポイントを貯めたい

ポイントサイトを利用している方は、ポイントを集約しておくサイトとして利用すると便利です。

ドットマネー公式サイト

気になる方はぜひチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代の個人事業主として活動しています。

このブログは、40代ライフ、個人事業主のこと、ポイ活、経済圏など雑多に記事を書いていく雑記ブログです。サウナ好き(サウナ・スパプロフェッショナル)

目次